広告

2016年9月4日日曜日

木工による集塵装置

集塵用装置と配管
集塵機とサイクロン装置集塵用配管

サイクロン集塵

たくさんの木くずや粉を処理するには、容量が必要となるので
集塵機につないで使用する

サイクロン集塵装置の作成
ホームセンターで購入したペール缶を重ねる。蓋用の金具でつなぎます。
これでかなりの容量が確保できました。


バンドソー集塵用配管バンドソー配管接続

集塵配管の接続

バンドソーと手押しカンナの集塵配管
雨水用のビニ管を使い各電動工具に接続する。
配管との接続は、同じビニ管を切り少し大きい径の15㎝のビニ管を作り
スライドして使用する。使用しない時は、発砲スチロールで塞ぐ。


手押しカンナの配管接続

自動カンナ

自動カンナは自作した集塵装置が上下するのでフレキシブルダクトで
接続する。
離れているベルトサンダーもフレキシブルダクトで接続する

自動カンナ接続ベルトサンダー接続

床掃除

床の木くずは、掃除機のノズルを配管に接続すれば簡単に掃除ができる。
配管の途中に接続できるようにしてあるので部屋の隅々まで届く。


掃除機ノズルを接続集塵配管と接続

機材、作業台の清掃

機材の埃や作業台の清掃が楽にできる。
細かい粉が発生する場合には、手元に吸入口を固定して作業をすると
便利です。