広告

2016年8月8日月曜日

木製名刺入れ作り方(山桜)2

部品に加工組み立て

切り分けと組み立て

切り出した木片を3枚(約5㎜1枚と約3㎜2枚)切り分けてから5㎜の
中をくり抜き3㎜は蓋と本体に分ける。(左図は別の形の切り分け画像)
木目を合わせて接合する。(右図)

可動作成大きさを調整

開閉部分の調整

竹ぐしを使いヒンジ部(可動部)とラッチ部(閉まる所)を作る。
開閉でカチッと音がする様に調整するのが難しい。
何度も失敗をしてやっとうまくいく調整がわかりました。

角丸に仕上げる仕上げ塗装

仕上げと塗装

ベルトサンダーなどで角を取り丸みのある形に仕上げる。更にわれ止め、
防水、強度を増すために【木固めエース】を内側、外側に塗る。
【木固めエース】は、食器に使用される安全性のあるウレタン系の塗料。
木製の傷んでボロボロの文化財を固め保護するためにも使用されている

蜜蝋にて仕上げる

木目のきれいな木製名刺入れ

塗料を塗ってから翌日に薄く表面の塗料を削り木目を自然な状態に戻す。
細かい目のペーパーで仕上げてから蜜蝋を塗って完成です。